忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スペース


以前、<TITLE>タグに記号を記述するのはSEOの効果が薄れてしまうのでだめだという記事を書きました。この記号を使ってはいけないのと同じ理由から、無駄なスペースも利用しないようにします。新 宿 居 酒 屋と記述してしまうと、検索エンジンは一文字ずつ認識してしまうのです。一文字ずつ認識されてしまうと、自分が目指すSEOの目的からだいぶかけ離れてしまいます。一文字ずつ対策する目的ではないはずです。このことから、無駄なスペースは入れないようにします。検索ユーザーで一文字ずつ検索する人はなかなかいないでしょうからね^^;。検索する人の立場になってタイトルを付けるとうまくいきます。自分が検索するとしたらどのようなキーワードで検索するだろうか?と考え、検索しないキーワードでのタイトルを記述しないように気を付けます。タイトルを付けたのに検索されないキーワードで対策していても無駄ですからね^^。自分が検索ユーザーの立場になって考えます。

SEO専用URLはキーワードを真っ先に決める。コンテンツ作成はその後

退行催眠で過去の記憶や潜在意識を探るサービスHP
退行催眠

情報充実URLは順位上がり易く情報不足URLは上がり辛い。ネットショップ商品ページも例外では無い
最低賃金上昇で起こる現象。弱い個の量産が弱い組織(国家)を造る
「被リンク=負荷」。過剰に負荷かけるとURLは一時的に順位ダウン。負荷微調整なくしてURL育たず
URLは車、コンテンツがエンジン,HTMLソースはターボ,被リンクが燃料
SEO用の衛星サイト(サテライトサイト)は継続更新不要。更新無しでも「1位表示させる力」失われず
被リンク対策の進め方。1位表示に向け被リンク「全体」を最適化。被リンク「部分」の最適化は捨てる
SEO集客増加のポイント「被リンクの伴うコンテンツを増やす」「常にコンテンツと被リンクはセット」
Google外部SEO対策の要、3要素「被リンクエイジ,衛星サイトエイジ,リンクポピュラリティ」
画像リンクを増やす
昔は「ゼロ評価+プラス評価」、今のGoogleは「マイナス評価」も導入
中長期的な「安定1位表示,安定上位表示」を実現する「SEO内部対策」の流れ・方法・やり方・進め方
「お知らせTwitter」は無くす方向で進める。事業ごとに2つもアカウントは要らぬ
内部対策はオリジナル部分SEO・コンテンツSEO優先。共通部分SEO劣後
「Webサイトへの入口=トップページURL」では無い。SEO対策でサイト内のサブページ群も入口化
PR